スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

兵庫県 養父市 氷ノ山不動滝

IMG_6401_1200.jpg
2016.5.14 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)


氷ノ山不動滝は落差30mで水量も豊富な豪快な滝です。ところがアクセスは非常に厳しいとされ、一人で行くのは気が引けておりました。そんな時オフ会の情報を得、なんと連れて行っていただけるとのことでしたので、ありがたくお世話になってきました。

福定の氷ノ山登山口から出発して1時間少々で滝の前に出る事ができました。この日は非常によい天気で、いわゆるピーカン、滝身は直射日光に照りつけられていまして、写真を撮るには輝度差がありすぎました。デジタルカメラのセンサーのダイナミックレンジではこの日の輝度差を受け止めるには全く無力でありました。

C-PLフィルターにND16を重ね、さらにF16まで絞ってやっと上の写真です。当然のように両岸の岩はもう真っ黒けになってしまいます。さらに新緑の緑を鮮やかに撮ろうと思うと滝身は完全に飛んでしまい、滝を撮っているのか、木の葉を撮っているのか、さっぱりわけの分らない意図のない絵になってしまいます。ここまで来て「木の葉」を撮って帰りましたではシャレになりませんので、今回は滝を撮ることにしました。

IMG_6408_1200.jpg
2016.5.14 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_6413_1200.jpg
2016.5.14 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_6426_1200.jpg
2016.5.14 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)




道中には、下流からしぶき滝(落差7m)、のぞき滝(落差40m)、くのじ滝(総落差40m、二段 (上段:三段20m、下段:斜瀑20m))、というのがあって登山道から見る事ができるらしいのですが、木の枝葉に遮られてほとんど見えませんでした。みえたのは看板だけです。

IMG_3298_0600.jpg
スタート地点の駐車場



IMG_3305_0600.jpg
これが「しぶき滝」だそうです。落差7m、しょぼい。



IMG_3307_0600.jpg
「のぞき滝」、ほとんど見えません。



IMG_3320_0600.jpg
「くのじ滝」、ほとんど見えません。



IMG_3347_0600.jpg
直射日光を浴びる「氷ノ山不動滝」



帰宅して一人反省会を行いました。GoogleMapの衛星写真を穴が開くほど心眼で見つめておりますと、なんということでしょう。かすかではありますが滝が見えるではありませんか。見る事ができなかった人は喜んでくれるでしょうか、私はとりあえずこれで納得することにいたします。でももう一度行って観たいと思います。

HyouMap_1200.jpg
クリックで拡大表示します


関連記事

スポンサーリンク


2016-05-16 17:42 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。