スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

鳥取県 琴浦町 野田滝

IMG_6693_1200.jpg
2016.8.6 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)


野田滝は、大山の地獄谷の加勢蛇川に落ちてくる総落差56mの滝です。上段は38mの直下型、下段は18mの2段、スケールの大きな滝です。

上段にはいわゆる「ひょんぐり」っぽいしぶきを上げている部分がありますが、突き出した岩に水流がぶつかってしぶきを上げているようです。久々にスケールの大きな滝を見る事がで来ました。


IMG_6688_1200.jpg
2016.8.6 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_6685_1200.jpg
2016.8.6 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 55-250mm F4-5.6 IS STM



アクセスは、口で説明するのは簡単ですが、実際に行くとなれば結構大変です。

IMG_1003_1200_201608081625233bc.jpg
クリックで拡大します


大山西部の一向平キャンプ場から、大山滝を越え、大休峠と地獄谷の分岐(大休口)を地獄滝方面へ進み、約70m下って加勢蛇川に降りて、そこから上流に向けて堰堤を四基越えて沢歩きをすれば、大休滝を経て、野田滝に到着できます。距離にして4.5km程度、累積標高差約400mくらいでしょうか。

靴は全線沢靴だけで歩き通しました。今回の水量であれば、地獄滝はいつものスパイク長靴でも問題なかったでしょうが、水量が多ければ長靴ではムリでしょう。


IMG_0926_0600.jpg
一向平キャンプ場


IMG_0931_0600.jpg
大山つり橋


IMG_0939_0600.jpg
大山滝、展望所


IMG_1000_1200.jpg
大山滝の説明、クリックで拡大します


IMG_0943_0600.jpg
大休峠、地獄谷 分岐


IMG_0997_0600.jpg
地獄谷、最初の堰堤。右岸側を巻く。


IMG_0952_0600.jpg
二基目の堰堤、右岸のロープを頼りによじ登る


IMG_0960_0600.jpg
三基目の堰堤、左岸のロープを頼りによじ登る


IMG_0991_0600.jpg
四基目の堰堤の手前にあるチョロ滝


IMG_0967_0600.jpg
四基目の堰堤、右岸を巻くか、左岸のロープを頼りによじ登る


IMG_0976_0600.jpg
四期目の堰堤を越え、大休滝を越えた地獄谷
三滝渓 門滝に行く沢歩きよりは楽でした



程なく右手(左岸)に野田滝が見えてきます。さらに谷を進むと、夫婦滝、魚断滝と続き、最後には鍵掛け峠まで歩いて行くことが出来ます。

関連記事

スポンサーリンク


2016-08-08 16:47 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。